パソコンを使えるようになりたい、でも思いどおりに動かない!そんなあなたへ。Excel, Power Pointのスキルアップと、パソコンの高速操作の方法をお伝えします。

なぜパソコンは思い通りに動かないのか

スポンサードリンク

Windows 全般 なぜパソコンは思いどおりに動かないのか

Google ChromeとGoogle 検索のショートカット

更新日:

みなさんはどのブラウザを利用していますか。多くのブラウザが存在しておりますが、個人的におすすめなのはGoogle Chromeです。

この記事では、Google Chrome のショートカットキーを解説していきます。

Google Chrome とは

※ Google Chrome をすでにご利用の方は読み飛ばしていただいて結構です。

Google Chrome のインストール

Google Chrome は、Google が提供するインターネットブラウザです。Google の公式サイトからダウンロードすることができます。インストールしたあとは、Google Chrome を「既定のアプリ」に設定しておきましょう。設定手順は下記のとおりです。

  1. Windows Key+I *1 Windowsキーを押しながらIを押す。から設定を起動する
  2. 「システム」=>「既定のアプリ」を開く
  3. 「Webブラウザー」をクリック
  4. Google Chrome を選択(下図)

Google Chrome の初期設定

画面右上端から設定を開きます。Alt+Fを入力したあとSをクリックすることでも設定を開けます。

初期設定のままでも十分使いやすいブラウザですが、ホームページだけ設定しておきましょう。

「特定の1つのページまたは複数のページを開く」は、ブラウザを立ち上げたときに開くページのことです。「ページ設定」から http://www.google.co.jp と入力しておけば、ブラウザを立ち上げたときにGoogle検索のページを表示できます。

「デザイン」の「ホームボタンを表示する」にもチェックを入れておくとよいでしょう。すぐ下にある「変更」からホームボタンを押したときに表示できるページを設定できます。ホームページの表示にはショートカットキーがありますから*2 Alt+Homeで「ホームボタンを表示する」に設定したページを開くことができます。、本来はGoogle検索以外の頻繁に使うページを設定しておくとよいと思います。Google検索はホームページに設定していなくても、URLが書かれている検索バーからすぐに利用できます。

「ブックマークバーを常に表示する」にもチェックを入れておくとよいでしょう。ブックマークバーを利用されていない方はこの際に利用してみてください。

Google Chrome がおすすめの理由

まず、Google検索などのGoogleのサービスとの相性が良いことが最大の理由です。ほかのブラウザを使ってGoogle検索を行うと「Google Chrome をインストールしましょう」という広告が必要以上に表示されてしまいます。

検索内容などをもとに広告(Adwords、Adsense)が表示されるぶんには、新しいサービスを知るきっかけになりますが、Chromeの広告が表示され続けるのは良い体験ではないでしょう。また、Google Chrome はページを表示する速度がもっとも速いブラウザです。計測方法によって異なるため、Microsoft は「Microsoft Edge が一番高速」と主張していまが、一般的にはChromeが最も速いと考えている人が多いと思います。Google Chromeは機能が豊富なわけでないものの、高速でシンプルなブラウザですので、迷ったらChromeを使っておくとよいでしょう*3 私が記事の執筆に使用しているのはVivaldiというブラウザです。このブラウザは、ブラウザ内にメモができたり、タブをサムネイルで表示できるなどの機能があります。読み込み速度は速くないので仕事には向きませんが、ゆったりと記事を書くときなどには便利なブラウザの1つです。

また、利用者数が最も多いブラウザである点もおすすめの理由の1つです。ブラウザによって少しずつ表示方法が異なりますので、同じページでも見るブラウザによって差異があります。ページを開発する人たちは、いまでは Google Chrome での表示を前提として設計している場合が多いので、Chrome でのブラウジングが最も快適にWebページを閲覧できるといえます。ちなみに、かつてはInternet Explorer(以下IE)の利用人口が最も多かったので、IEでの閲覧を前提にページ設計が行われていました。いまでもIEを前提としている企業もありますが、IT系ベンチャーを中心にIEでのバグを無視する企業も現れはじめているのは事実です。

Google Chromeのショートカットキーは、ほかのブラウザと比べて充実しているとは言えませんが、数十個は存在し、必要なショートカットキーはひととおりそろっています。

基本的な操作はすべてショートカットキーで行えますので、キーボードのみでの操作が可能です。ほかのブラウザは大量のショートカットキーが割り当てられていることがありますが、ほとんどは使う機会のないものです。覚えやすさなどを考慮した場合は、むしろショートカットキーの数は少なめのほうが良いと思います。

Google Chrome はなぜ高速なのか

諸説ありますが、基本的にはパソコンのリソースを遠慮なく使うアプリだからだといえます。Google Chrome はパソコンのメモリの消費が激しく消費電力もほかのブラウザよりも大きいといわれています。このため、Google Chrome を使うとパソコンのバッテリーが減る速度があがります。このため、特にメモリが4GB程度しか搭載されていないパソコンにおいては、Google Chrome の多用はよくないといえるかもしれません。また、メモリの消費が激しいということは、Google Chrome の動作が速くなる代償に、Google Chrome 以外のアプリの動作が遅くなるということを意味します。

そうはいっても、タブを開きすぎなければ問題ありませんので、あまり難しく考えずにGoogle Chrome を使用するのがおすすめです。ただし、「タブを開きすぎるとほかのアプリの動作が重くなる」ということは念頭に置いておくとよいと思います。

Google Chrome のショートカット一覧

私は、ショートカットの一覧を見ながらショートカットを覚えるというのは効率が良くないと考えています。利用頻度が低く覚える必要がないショートカットも多いからです。しかし、Google Chrome は無意味なショートカットがあまり割り当てられていないため、ほとんどのショートカットを覚えても無駄になりにくいのが特徴です。この点も、私がGoogle Chromeを推奨する理由の1つです。

そして、実はGoogleの公式ヘルプに一覧があります。

https://support.google.com/chrome/answer/157179?hl=ja

ここでは、最初に覚えるべきショートカットキーをいくつかまとめて紹介します。Google Chrome にかぎらず、たいていのアプリでは1つの動作に複数のショートカットが割り当てられていることが多いです。両方覚えていくのは効率的ではないので、ここでは私がおすすめするショートカットキーを表に記入し、そのほかのショートカットキーを脚注に書きました。

ページ操作関連のショートカット

前のタブ Ctrl+PageUp *4 Ctrl+Shift+Tabでも可
次のタブ Ctrl+PageDown *5 Ctrl+Tabでも可
タブを開く Ctrl+T
タブを閉じる Ctrl+W
閉じたタブを開く Ctrl+Shift+T
すべてのタブを閉じる Ctrl+Shift+W *6 Alt+F4でも可
戻る Alt+←
進む Alt+→

ブラウザ内移動関連のショートカット

ページの最上部へ Ctrl+Home
ページの最下部へ Ctrl+End
検索バーに移動する Ctrl+E
URLを入力・編集する Alt+D
ブックマークバーに移動する F6
ページを更新する Ctrl+R *7 F5でも可
キャッシュを無視して更新する Ctrl+Shift+R *8 Shift+F5でも可

その他の重要なショートカット

ページ内を検索する Ctrl+F
ページを印刷する Ctrl+P
ページを保存する Ctrl+S

Google 検索の機能

まず、マウスを使わずにGoogle検索を利用するために必要な設定を行いましょう。

http://www.google.co.jp/ にアクセスしてみましょう。

インスタント検索を有効にする

画面右下に「プライバシー」「規約」「設定」と並んでいますので、「設定」から「検索設定」を開いてください。

検索設定画面の「Google インスタント検索の予測」を「インスタント検索の結果を常に表示する」に設定しましょう。この設定によって、Google検索ページをキーボードで移動しやすくなります。

さて、Googleで何か検索してみましょう。ここでは「インスタント検索」と検索してみます。

1つ目の検索結果である「検索候補を表示するインスタント検索 - ウェブ検索ヘルプ」の左側に、小さな青い三角形が見えるでしょうか*9 初期設定では検索画面にサムネイルなどが表示されないと思いますが、これは私がカスタマイズして表示しているだけです。表示されていなくても問題はありません。ショートカット操作にも影響はありません。。この三角形は上下の矢印キーで操作することができます。上下キーで動かないときは、1度だけTabキーを押してみてください。この状態でEnterキーを押すと、三角形によって選択されたウェブページに移動できます。

新しいタブで開きながら閲覧する

また、Applicationキー*10 から「新しいタブで開く」こともできます。

Applicationキーで表示されたメニューは、「新しいタブで開く(T)」や「新しいウィンドウで開く(W)」のように「項目(文字)」と表示されています。この状態のままTやWをクリックすることによって新しいタブで開いたりできます。

たとえば、検索結果の上から3つを確認したいというときは、表示しては戻ってを繰り返すより、次のように操作したほうが効率的でしょう。

Application Key, T, ↓, Application Key, T, ↓, Application Key, T

Ctrl+PageDown

これなら、3ページを開いたうえで1ページ目を読みはじめるまでに、たったの10キーで動作が完了します。毎秒6~7キーでタイピングできる人ならわずか1秒少々の操作です。読み終わったタブは Ctrl+W で閉じられますから、閉じる操作にもほとんど時間はかかりません。

操作が速いほど仕事力も向上する

当サイトはパソコンについてのWebサイトではありますが、前提としてビジネススキルの向上を目指しています。そして、ビジネススキルのなかでもコアな部分である「仕事の速さ」を向上させるための方法として、インプットの速さは欠かせません。

さて、一般に検索結果で1番上に表示されるサイトのアクセス数と比べて、2番目に表示されるサイトのアクセス数は大きく下がるといわれています。このことは、多くの人が1つ目のサイトだけしか見ないということを示唆します。しかし、上記のようにキーボードで操作できる人であれば、ささっと3ページくらいにアクセスすることができるでしょう。読む時間があるとはいえ、マウスで操作している人と比べると、キーボードで操作している人のほうが素早くインプットを行えることは想像に難くないと思います。インプットが速ければ多くの知識・スキルを身につけることができますし、知識・スキルが向上すればインプットの速さはより向上するでしょう。この繰り返しで、仕事スピードに大きな差がついていくのです。

ショートカットキーの流用

Google Chrome でも、Applicationキーから表示されるメニューが「項目(文字)」という形式になっていました。Microsoft が開発した Microsoft Office Word だけでなく、Google が開発した Google Chrome でも同じ表現になっているという事実は重要です。別の会社が開発したアプリであってもショートカットが流用できることは多くあるのです。

このため、各サービスのショートカット一覧を調べていくよりは、1つのアプリをきちんと使いこなすことを意識したほうが効率的にショートカットを習得することができるのです。このため、1つのアプリでショートカットを使いこなせるようになれば、ほかのアプリではすでに多くのショートカットを使える状態になっているといえます。

別のキーワードで検索しなおすとき

検索してみると思っていた検索結果が得られなかったということはよくあると思います。そのときは検索のやり直しをすることになります。このときのショートカットを2つ覚えておきましょう。

Ctrl+Eで検索を1からやり直す

ショートカット一覧の部分にも書きましたが、Ctrl+E を入力すると検索バーに移動して検索を行うことができます。

(Ctrl+Eを入力したときに表示される検索窓)

検索結果が想定と全く異なっていた場合や、ページを表示したあとに目的の内容が書かれていないことに気づいた場合などはこの方法で検索をやり直すとよいと思います。

/ で検索を途中からやり直す

一方で、検索結果をもう少しだけ絞り込みたいときなど、最初から入力しなおす必要がないこともあります。このようなときに検索ワードを1から入力しなおすのは賢明とは言えません。

そこで、先ほどの青い三角形が表示されている状態で / を入力します*11 テンキーのスラッシュでは機能しないようです。右Shiftの隣にあるキーボード内の / キーを利用してください。以前、半角スペースと全角スペースがコンピューター上では別の文字として認識されていると書きました。これはテンキーにも当てはまります。テンキー上の数値とキーボード上部の横並びの数字とは、人間にとっては似たようなものかもしれませんが、コンピュータにとっては全く異なるキーなのです。。そうすると、下図のようにキーワードを入力しなおすことができます。

Ctrl+E と / という2つの操作を知っているだけでも、Google検索を行うにあたってマウスを使う割合が大きく低下すると思います。

おわりに

Google Chrome を使ったGoogle検索において、キーボード操作を行う方法を説明しました。

積極的に使っていきましょう

覚えたばかりのときは「次にどのキーを押すんだっけ」と考えてしまうことも多くあると思いますが、1~2週間も使っていれば無意識にキーボードで操作できるようになるでしょう。

このような操作を知っているのと知らないのとでは、操作時間はもちろんのことインプット量も大きく変わってきます。パソコンを使いこなすことが、ビジネススキルを向上させるために非常に重要だということはご理解いただけるのではないかと思います。たかがパソコンスキルですがされどパソコンスキルです。馬鹿にせずにしっかりスキルアップをしていくとよいと思います

外資系企業での「生産性」

外資系のコンサルティングファームなどでは、1~2年目の仕事はほぼパソコンスキルを向上させることです。実は、パソコンスキル以外はほとんど何も習得していません。しかしながら、コンサルティングファームを3年で辞めた人が、あたかもビジネスのプロであったかのように本を書いたりするのです。

しかしながら、パソコンスキルを非常に高いレベルまで高めた若手コンサルタントが、ほかの業界から欲しがられる人材であるのも事実です。悲しいことに、一般的な企業に勤めている多くのビジネスパーソンは、パソコンスキルだけで彼らに大きな差をつけられているというのも事実です。

投資銀行においても、その日まで全く知らない業界について次の日に話さなければならないということがあります。そういったときにパソコン操作が遅いとお話にならないのです。したがって、投資銀行に勤めるビジネスパーソンもまた、若手のうちは必要に迫られてパソコンスキルを高める生活を送っています。

ただし、投資銀行はコンサルティングファームよりも労働時間が長いので、余剰労働時間で金融についての知識も多く身につけています。一方、労働時間が投資銀行と比べて短いコンサルタントは、残りの時間を急速に当てたり読書に充てたりしながら過ごしているようです。

脚注   [ + ]

1. Windowsキーを押しながらIを押す。
2. Alt+Homeで「ホームボタンを表示する」に設定したページを開くことができます。
3. 私が記事の執筆に使用しているのはVivaldiというブラウザです。このブラウザは、ブラウザ内にメモができたり、タブをサムネイルで表示できるなどの機能があります。読み込み速度は速くないので仕事には向きませんが、ゆったりと記事を書くときなどには便利なブラウザの1つです。
4. Ctrl+Shift+Tabでも可
5. Ctrl+Tabでも可
6. Alt+F4でも可
7. F5でも可
8. Shift+F5でも可
9. 初期設定では検索画面にサムネイルなどが表示されないと思いますが、これは私がカスタマイズして表示しているだけです。表示されていなくても問題はありません。ショートカット操作にも影響はありません。
10.
11. テンキーのスラッシュでは機能しないようです。右Shiftの隣にあるキーボード内の / キーを利用してください。以前、半角スペースと全角スペースがコンピューター上では別の文字として認識されていると書きました。これはテンキーにも当てはまります。テンキー上の数値とキーボード上部の横並びの数字とは、人間にとっては似たようなものかもしれませんが、コンピュータにとっては全く異なるキーなのです。

-Windows 全般, なぜパソコンは思いどおりに動かないのか

Copyright© なぜパソコンは思い通りに動かないのか , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.